イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

クリエイターに憧れつつも、似合うのは事務的仕事

 

 

 

久々に漫画を買いました。3巻までだからまとめ買いしてもそんなに高くない。

電子じゃなくて紙の方です。

 

大人買いというほどでもないけれど、欲しくなったらポンっとお金をだせるから、大人になって良かったなと思います。

学生時代だったら、毎月1冊ずつ買ってた。それはそれで楽しみがあったと思うけれど。

 

何かを作ったり夢を追いかける話は好きです。

歳とってもそういう憧れってなくならない。

がむしゃらに頑張れるものがあるって、いいですよね。

特にデザインや絵は好きな分野なので、ファッションデザイナーを目指すこの物語も好きです。

 

過去には↓も読んだなあ。

一条ゆかりならではの世界観。ドロドロしてます。

 

「ランウェイで笑って」は高校生が主人公。若手デザイナーやモデルが登場するから軽さもあって楽しめます。

***

情熱大陸もクリエイターの回は好き。つい録画して見てしまいます。

やっぱり憧れが強いのかな。

 

自分でも絵を描くことは好きだけど、得意ではないんですよね。

もともと何か秀でるものもないし、全部を捨てて打ち込める情熱もない。

 

どちらかといえば、ルーティンワークとかの方が得意です。

派遣でも正社員でも、うすい仕事内容の事務的なものとかが似合っている。

 

他にはひたすら縫うとか、ひたすら折り紙折るとか、そういう仕事の方が合ってそう。

「ツラい」とか愚痴りながらも、人よりガンガン量をこなしていけそうです。

クリエイティブな仕事に憧れているのに、好きと得意が違うって知ってしまうのは、ちょっと悲しいものです。

 

ただ、だからと言って好きを諦めなくてもいいとは思っています。いつか何か形にできると漠然と思うことも。

好きと得意は違うけれど、掛け合わせれば何かできるはず。

好きなことに向いていないことも、得意なことが好きなわけではないことも、いちいち落胆しなくてもいいんだなっと、最近では思い始めています。

 

まだ、ちゃんと形にできてないからアレコレ言うのも変ですが。

「好き」と「得意」を知っておくことは大事そう。

これからも、もっと自分を掘り下げていきたいものです。