イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

minneでアクセサリー作家を目指そうとしていた思い出話

数年前に、minne(ミンネ)に手を出そうとしたことがあります。

minne.com

 

当時、テレビでよく取り上げられていて、生まれて初めてUVレジンを知りました。

おもしろそーっと、手を出したらすっかりはまり、

いっぱいかわいいアクセを作って、ミンネで人気作家になりた~い

と、すっかり頭の中はお花畑になりました。

 

ハンドメイド好きなんですよ。

見るのも好きだし、作りたいとも思う。ただ、すぐ飽きる。

 

最初にUVレジンで作った刺繍指輪

当時、試作的に作ってみたのが↓

 

 

 

 

これは刺繍をレジンで固め、指輪にしたものです。

普通にレジン液をかけると、刺繍はくすんだ色になります。この発色は出ません。

 

ちょっと手を加えて、なんとか発色を保ったままレジンで固めることはできました。

刺繍部分をコーティングしたので、汚れたり引っかかったりはしません。

 

が、どうも端っこがうまくいかない。

円のフチに液がしみるし、処理が難しい。

結局、打開策を見つけることができず、断念してしまいました。

   

最後かもしれないVレジンで作った刺繍指輪

それから月日はたち、またも「レジンやりたい!」という熱が出てきました。

淡いピンクと白の清楚な色合いにし、作ったものが↓です。

 

f:id:merumo5210:20180418195610j:plain

 

 

大きさはこんな感じ。

一つだけつけてアクセントになる程度の大きさに。

 

 

f:id:merumo5210:20180418195538j:plain

やっぱり端っこの処理がうまくいかず、キレイに仕上がらなかった。

 

この課題を乗り越えて、大量生産し、売れたら売れたでオシャレな梱包をして・・・と考えだしたら疲れてしまって。

うん、物を売るって大変なことだから、相当なパッションがないとね。

 

アクセサリー作家になれる日は来るのか?

この熱、もう1回きたら本気で作れるだろうか?

 

いやいやいやいや、そんな熱を待っているうちに、いい作家さんがたくさんミンネを始め、すでにいる登録者さん達がどんどん作品を作って腕を磨いていくと思う。

 

私にはたまに思い出す趣味として、個人的に楽しむ方が合っていそうっと、改めて思いました。

 手作りは個性を出すほどに難しいです。

 

www.sakuramachi.work

 ↑このぐらい簡単なのを、個人で楽しむ方がいいかも?

 

ハンドメイド作家に憧れるものの、たまにの趣味として気長に続けてみたいと思います。