イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

ケープ風ドレスのイラストを描き、その魅力について考えてみました

f:id:merumo5210:20180426154310j:plain

結婚式のゲスト向けドレスやワンピース、パーティードレスを検索すると、必ず出てくるケープ風ドレス

ドレスとケープが一体型になっていて、ミニマントを付けているみたいなデザインのドレスです。

いつからか急に見かけることが多くなりました。

 

ケープ風ドレスはなぜ人気か?

このデザインが人気なのもちょっと分かります。

・二の腕は出したくない、チャベルだから露出は控えたい、秋冬のノースリーブは無理。

・でもショールはズレるし動きにくいし、合わせ方によってはダサい。

ボレロは秋冬にはいいけれど、他の時期には暑い。

・袖付きもいいけれど、あまりデザインがない。

 

などなど、色々除外していくと、このケープ風ドレスにたどり着きます。

 

ケープ風ドレスのメリットは、

・見た目がエレガント。

・脇や二の腕が見えないのがいい。

・ショールやボレロを探さなくていい。

・寒そうに見えないから冬の室内ならいける。

 

肩の動きを制限するから、ノースリーブのアクティブさに比べたら、断然大人しい女子に見えます。

思いっきり腕を振り上げられないから、どんな人でも動きがエレガントになる。乾杯するときだって、グラスの位置がいつもより低くなって謙虚に見える。

あえて謙虚に見せたいパーティーがあるかどうかは不明ですが、上品なお嬢さんに見せたい場なら便利なドレスだと思います。

 

がっつり袖ありドレスはクラシカルにも見えるけれど、コーデによっては少々野暮ったくなる。

基本的に「ドレス」って袖がないものが主流なんでしょうね。あっても飾りっぽかったりレース状だったりするし。

 

ケープ風ドレスならヒール履いてクラッチバッグ持ってれば、それだけでパーティースタイルが完成してしまうからシンプルで楽ちん。

 

 自分では着たことはないんですけれど、実際に着ている人を見ると、腕が華奢に見えるし、いやらしくないのに、女性らしく見えてしまうから不思議。

あと、色白の人が濃紺のドレスを着ると、そのコントラストにやられます。

ケープからチラチラと見え隠れする白い腕に、目が釘付けになる。

 

ふんわりした袖、ひらひらした袖、カーディガンや羽織りものは袖を通さずに肩にかける・・・というスタイルが一般化してきたから、ドレスもこの系統が受け入れやすいのかな?

カジュアル路線の流行りとともに、フォーマル系も変わっていくんでしょうね。

 

ケープ風ドレスのアウターって??

ただ、気になるのが一つ。

・寒そうに見えないから冬の室内ならいける。

と思ったけれど、屋外はどうしているの?つまりコートはどうやって着ているのか?

 

そのまま着たらケープ部分がぐしゃぐしゃになりそうだし。

コートも羽織るのか?↓こういう感じに?

 

 

真冬に電車で行く場合には厳しそうですね。。。

 冬以外はケープ風以外を選んだほうがいいのかも?

 

次回、何かで呼ばれたら、もうレンタルだな!購入しても、1回きりしか着る機会がなさそうで

↓のレンタル屋さんでも、ケープ風ドレスありました!

「体型」の「ぽっちゃり二の腕カバー」をチェックすると出てきます。

 ・・・別にぽっちゃりじゃない人にとっては、押したくないボタンですよね。。。

 

自分がレンタルするなら↓みたいなのがいいな♪落ち着いたデザイン&カラーで、袖があると安心♪

 シックだけど華やかさがある。

たまに、パーティードレスを妄想しながら探すと楽しいですね♪