イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

ランサーズで本名&顔写真を公開しない理由を考えてみた

ランサーズでは、本名&顔写真公開の方が有利になるかもしれません。

 

f:id:merumo5210:20181016194738j:plain

・検索時に上位に表示されるかも。

・クライアントに信頼される

・直接依頼が増える

などなど、仕事上でメリットが増えることもあるようです。

 

ですが、ちょっと抵抗ある人も多いのでは?メリットがあるのは分かっていても、あえてしない理由について考えてみました。

 

本名&写真をさらしたくない理由

まあ、色々あると思います。個人的に思う理由をあげてみました。

そもそも本人確認済なのに

ランサーズでは、電話認証や免許証の提出をおこない、本人確認をしていることをプロフィールに示すことができます。

仲介する会社に身元が掴まれているのに、不特定多数に身元をさらさなきゃいけない理由がよく分かりません。

住んでいる県とおおよその年代は公開されているしね。さらに身元をさらすのは。。。

クライアントは本人確認をしていない人も多くいます。なのに、こちらの身元だけさらすのはどうも不可解。

「名を聞く前に、己が名乗れ」です。

もちろん強制ではないのですが、もしかしたら今後は顔出し名前出しの方が優遇されるのかもしれません。

そうなったら、なんか釈然としないような。

 

良心的なクライアントばかりじゃない

仕事を依頼したい方が多く集まる場所ですが、まれに怪しい人もいます。

自社のサービスの顧客にしようとしたり、商品を売りつけて、謝礼はごくごくわずかとか。

実際に、ライティングだと「スキルアップ」とか「実績増やせます」と誘って、すっごい低い単価、駄菓子と同じぐらいの単価で依頼を募集しているクライアントもいます。

 

そういう人たちに、本名と写真をさらすのが嫌な人もいるのでは?自分を騙そうとする人に、自分の素性は少しでも掴まれたくないです。

 

副業する人には歓迎されなさそう

副業でランサーズに登録している方も、多くいると思います。たとえ会社が副業OKでも、副業を隠したい人もいますよね。

私も派遣時代は副業しても問題ありませんでしたが、会社には黙っていました。

プライベートのことなので、必要以上に詮索されたくないし、いらない誤解を受けるのも面倒だと思っていたので。

ランサーズを知らなきゃ、いや、知っていてもバレるのなんて、余程の偶然だとは思います。

でも、隠したい人にとってはイヤですよね。少しでも隠せるものは隠したい。

 

デザイナーとかイラストレーターは?

こちらの分野でお仕事している方って、顔写真よりもデザインやイラストをアイコンにしたい方も多いんじゃないかと。

もちろん、実績があって顔が有名なら、顔だしの方が「本人じゃん!」と依頼かけてもらいやすいのかもしれない。

でも、たいがいの方ってそこまで有名じゃないですよね?頻繁にメディアに取り上げられるとか、業界で有名な方でない限り。

 

やっぱり作品を顔にして、「こういうの作れますよ!」ってアピールしたいものじゃないかと思います。

イラストレーターって、実名よりも別の名前で活動している方もいるから、ランサーズで本名バーンと出すのは抵抗がある人もいるだろうし、ややこしいから統一したい人もいると思う。

SNSとランサーズが別人だったら連動しにくい。

少なくとも、似顔絵で受注をしたい人なら、写真よりも似顔絵の方が依頼されやすいよね。

 

本名が・・・

本名なのに、本名だと地味になる方いませんか?私自身の名前が、1度教えただけでは忘れられる自信があります!

認識しやすい名前もあれば、そうじゃない名前もあるんですよ。

他にも、本名だとちょっと・・・と悩んでしまう方もいるかもしれません。

 

・難しい、または読み方がいろいろあって正しく認識されない。

・よくある名前で同姓同名が多くてややこしい。

・漢字のイメージや音の響きで男女逆に間違えられることがある。

・本名が嫌いで使いたくない。

・本名だと商売運が下がる画数だ。

・本名と仕事のイメージが合致しない。

などなど。

 

男性向けの案件に提案したいのに、女性に間違われる本名だと使いにくいとか、名字は平気だけど、名前が好きでないという人も。

意外と画数気にする人って、一定数いますよね。

結婚後に名字変わって画数悪くなったから、普段は違う漢字を使うという人を知っています。

芸能人でも改名するぐらいだから、ビジネスだからこそ、運気の良い名前を使いたい人もいるはず。

 

想像なんですが、

剛腕豪子」という名前で、「繊細で女性らしい癒しのデザイン」が得意なんて場合だと、トータルイメージを良くするか、ギャップをとるかで悩むこともありそうです。

 

本名使いたくない理由は人それぞれあるんじゃないかと思います。

自分の名前が気に入っていても、意識していなくても、ランサーズで公開するのは嫌なんじゃないかと。

 

 

顔写真と本名を出すクライアントの信頼性

クライアントではなく、ランサーの立場からすると、会社名の分かっているクライアントに、ちょっと安心する気持ちはあります。

実在する会社とその担当者。顔写真がなくても、信頼度が上がるのは確か。個人でなんの登録情報もないクライアントよりかは前向きな気持ちになれます。

写真はともかく、本名というか、正体が知りたい気持ちは分かります。

ですが、それが良いかどうかは別です。

 

実際にあったケース

会社名&名前&顔写真まで登録したクライアントとやり取りしたことがありますが、1度でご縁を切りました。

ご継続のお話もありましたし、単価も安過ぎたわけではなかったです。

良い方だったのですが、、、私が言うのもなんですが、あまりお仕事のできる方ではなかったようです。

 

段取りが悪く、後出しが多い。こちらにザックリとお任せしながら、いまさら修正?というやり取りが多く、たった1回のお仕事で疲れてしまいました。

「顔と名前が分かる=信頼できる=仕事がしやすい」にはなりません。信頼があるから安心できるのと、仕事のしやすさは別ですよね。

 

結局、やり取りしてみないと、良いか悪いかなんて分からないと思います。

依頼する側される側では別かもしれませんが、「素性が分かったから有能」とは限りませんよね。

 

いま公表している人のメリットが少なくなる?

平気な人もいれば、そうでない人もいるということ。

SNSやネットに、顔も名前も出している人なんてたくさんいるから、神経質になる必要はないんですよね、きっと。

公表しているからって、「やめなよ!」と思ったことはありません。メリットの方が大きいこともあるから、出した方が良い人もたくさんいる。

ただ、出したくない人が不利になるようにするのはちょっとなー。そこを推進しないで欲しいです。

写真嫌いな人だっているし、常にどこかに顔がさらされているのが嫌だって人もいると思う。

 

いま公表している人だって、全員が公表していないからこそ差別化ができて、目立てる、信頼されるというメリットがあるのでは?

公表する人が多くなると、埋もれてしまう人も多いと思います。特に男性のスーツ姿の写真、いくつかあるんですけれど、いくつか見ると印象が薄くなってきます。

 

あとは、写真の映え具合で優劣つきそう。

顔の造りとか好みとかじゃなく、フォトスタジオで撮った写真と素人の自撮りが混在して、自撮り側が不利になるんじゃないかな?とか。

「本人写真」にこだわると、行きつく先が同じになって、逆に個性が光らなくなることもあるんじゃないかと思います。

 

本名と顔写真は出す?私個人は・・・

散々お世話になってきたけれど、公開して依頼を増やすぐらいなら、ランサーズ以外の場所で、違う働き方を見つけたいとも思います。

 

絶対公開しないと決めたわけではないけれど、「クライアントは身元すら確認なし、でもランサーは公開した方が有利だよ」とう状況では様子見ですね。