イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

花を描くよりも花の絵を作る方が好きなのかもしれない

花の絵を描き始めたのですが、まったーーーーく進みません。

花の絵書きかけ

もう、色ベタっと置いただけでいっぱいいっぱい。

多分、花の数が多いんだと思う。(私にとっては)お花たくさん描くのが苦手。なのに足りないという、ほら、すき間埋めたいよね。

ああ・・・

 

描くならシンプルな花が好きなのかも?

多分、線を描いて、色を塗ってという工程が多いのがいけないのかも。花が多い分、やることが多すぎて。

カラフルなお花描けるようになりたい。

 

過去の花たちはとってもシンプル。

梅の花です。

4色あるけれど、1色作って色変えただけ。

 

 

こちらは桜。

色がシンプル。ほぼピンク

 

これらの花は描くというより、作るに近いです。

紙の上とか、フォトショの画面上で線を描くわけでなく、花の型を作って、色を塗ったあとに素材を重ねて、陰影をつけるだけ。

花びら1枚ずつ作ってから花の形にしたりとか、描いているより、工作で作っている感覚です。

 

花はあればあるほど配色も難しい

 作るという手順に慣れているから、描こうとすると戸惑うのか。

 

あと、配色が難しい。とりあえず色置いてから、後で変えればいいや!とは思っているんですけれど、それが面倒になることもある。

 

↓これに助けられているときもあります。

sakuramachi.hatenablog.com

 

苦手はさけて得意なことから始めてみる

苦手が分かっているのに、苦手を詰め込んだイラストが進むわけないなあっと。

楽しく描けなくなってくると、こねくり回している時間がもったいないし、自分も苦しい。

 

もう少しシンプルな絵から始めてみようと思います。やりかけの絵はいったん封印で。