イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

2019年は手帳とカレンダーを兼用することにしました

2019年はダイソーで買った、こちらのカレンダーを使用することにしました。

f:id:merumo5210:20190109191054j:plain

去年、12月に購入。発売当初はいっぱいあったのに、12月には冊数も少なくなっていました。

そこそこ人気だったのかな?シンプルで使いやすそうです。

 

f:id:merumo5210:20190109192026j:plain

余白が多くてたくさん書き込めそう。大した予定はありませんがね。

仕事のスケジュールはEXCELで管理しているので、もっぱらプライベート用です。ホントは月曜始まりが欲しかったけれど、まあ、日曜始まりでも問題ありません。

もう、土日休みじゃないので。

 

ちなみに、2018年はセリアの手帳を使っていました。

f:id:merumo5210:20190109193512j:plain

こちらもシンプルでかわいい。ただ、カパカパ開いてしまうため、マジックテープで止められるようにしました。

持ち歩きようには良いかもしれませんが、家にいると開かなくなる。後半、使い勝手にかなり迷うように。

 

手帳兼用カレンダーにした理由

こちら、サイズは大きすぎず、パタンと閉じればスケッチブックみたいになるので、手帳として使用できます。

約21×15cm、世間の手帳よりは大きいけれど、ノートとしては小さめ。薄いので持ち歩いたとしても邪魔にはなりません。

 

で、手帳兼カレンダーにしたのは、やっぱり家にいる時間が長くなったから。

 

以前はカレンダーを使用せず、手帳のみ使っていました。日中のほとんどは会社にいるため、部屋にカレンダーがなくても平気。確認したいときや、予定を書き込みたいときには、手帳を開くという使い方をしていました。

 

が、日中部屋にいるようになると、チラチラとカレンダーを確認したくなる。で、デスクにカレンダーを置いた結果、こうなりました。

 

f:id:merumo5210:20190109192747j:plain

そう、手帳とカレンダーが同じデスクにいるという。

こうなると、サッと書き込めるカレンダーを重視しますが、あとから見返したいのは手帳。大事なことは手帳に残しておいて、保管しておきたいんです。

そうなると、二重に予定を書かなければいけなくなる。面倒くさい。

そんな面倒なやり方を打破するため、今年は手帳兼カレンダーになるものを選ぶことにしました。

これなら2019年が終わっても、薄くてしまいやすいから保管もしやすいはず。数年たってから見返したい予定とかあるし、用がなくても見返すのは楽しいので保管必須。

 

デスクに置けるタイプのカレンダーは、見るときは便利だけれど、保管には向きませんしね。兼用するには、どっちにも向いているタイプを選ばないと。

 

自立しないカレンダーはひと手間で壁掛け用に

こちらのカレンダ、パタンと閉じてしまう仕様のため、壁にかけて使うことにしました。余っていたリングをつけて、壁にあるの凸に引っ掛けています。

f:id:merumo5210:20190109193009j:plain

壁にあると見やすい!すぐに確認できる!デスク上に置くタイプはスペースとって邪魔だったけれど、これなら邪魔にならない!

めくるときはいったんリングをはずさなければいけませんが、1ヵ月に1度だけですしね。さして問題ありません。

 

2019年、手帳とカレンダーを兼用できるか?

始めてはみたものの、初めての試み。まだ1月なので、なんとも言えません。何か不都合が出てくるかもしれないし、仕事が変わって外へ働きに行くようになれば、違う使い方をしたくなるかもしれません。

 

とりあえず1年使用しながら、良い方法を探ってみたいと思います。