イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

ヌードが描きたい人におすすめのポーズカタログ

人物を描く練習をしていると、 「服を着ていない状態」のモデルが欲しくなってきます。服で隠れたラインが見えないと描きにくい。服を着た絵だけ描いていると、服でごまかしてしまう変なクセがつく。
www.sakuramachi.work

 

でもヌードデッサンって、そこらでホイホイやっているものじゃないし、友達とかに頼めるものでもない。

私はヌードのポーズカタログを購入して何度か練習に使っていますので、それをちょこっとご紹介したいと思います。

 

ヌードではないけれど、ネットで探せるヌードみたいな資料

ヌードの前に、私がスケッチに使っている資料を少しご紹介。

 

だいたい、雑誌の切り抜きかネットで拾った画像が多いです。

 雑誌から気になったページを抜き取って、適当に貼り付けて見ながら描いたり、気に入ったページは切り取ってファイリングしたりと。

 

ネットは適当にキーワードを入れて探しています。「男性 ファッション」とか、「踊る 女性」とか。

フィギュアスケートの画像とか探すと、おもしろいポージングが出てくるので、ときどき参考にしてます。「ダンサー」「バレエ」とかでもいいですね。

 

ヌードではないけれど、ダンスやフィギュアスケートって体のラインが出る衣装が多いのでおすすめです。ヌードではできなそうなポーズもありますしね。

しかもダンサーやスケーターってやっぱり筋肉がキレイについているし、ポージングも絵画のようで見ているだけでも楽しいです。

 

ヌードモデルはいないがヌードが描きたい

ある程度人物を描いてみるとヌードも描きたくなる。というか、服着る人を描く前には、人の体をしっかりと描いておきたい。

服で隠れた部分がごまかしがちになり、ちゃんと理解できてないんですよね。

 

ヌードモデルを描くとなると、本買って描くのが一番てっとり早いだろうなって。こちらの本を使用しています。

 

 

ヌードデッサン

モデルさんがキレイです

 こちらは数年前に購入し、たびたび描いています。

 

特徴は

・立ち姿から座り姿、寝っ転がったポーズなどの基本ポーズがそろっている。

・同じポーズのアングル別がそろっている。

・カラーとモノクロの2パターンがある。

 

1つのポーズに対し、カメラをグルグルと回して横姿、後ろ姿と角度を変えた写真が一緒に並んでいます。

さらに、斜め上から見た構図も。いわゆるアオリ・フカンという視点の高さを変えたポーズを同時に確認することが可能です。

ただ、目線以外のポーズ写真はちょっと小さめですが。

 

まったく同じページの写真がカラー&モノクロであるため、陰影を確認したい方にも使いやすい。ええ、私はすっごく苦手でして。。。勉強になります。

 

適度にパタンと開きやすく、使いやすい大きさで重宝しています。以前に買ったブックスタンドに立てて使っていますが、机の上に広げてもOK。

www.sakuramachi.work

 

ポーズカタログデッサン

いろんなポーズが描ける

練習にもいいですが、イラストのポーズ参考にも使えます。これは本当に買って良かった!描くと写真の美しさとの違いに愕然としますが、より上達したいという気持ちにもさせられるのかと。

まだ全部のポーズを描ききっていないのですが。全部を何度も描きたい!

 

男性ポーズに二人ポーズ!他のポーズカタログも欲しいが!!

当然ですが、男性のポーズカタログもありまして。

 

男性に言っていいものかわかりませんが、キレイな体してますね。

 

二人のポーズカタログも!

 

少女漫画とかに使えそう。なんだかドキドキするポーズがたくさんありそうです。

 

DVD付きのもあるんですね。ブックスタンドいらずで良さそうです。

 
 

ポーズカタログを集めてみたい気もしますが、買ったことで満足してしまいそうで、あまり描かなくなりそうです。自分の場合。

沢山買って全部描けばいいんですけれどね。描くほどに圧倒的に描く量が足りてないなあって実感します。

 

とりあえずは女性バージョンをある程度攻略してから、他カタログを買うことを検討。もっと使い込んでから、他資料も検討してみたいです。