イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

愛が伝わらないのはストックイラストへの愛が足りないから?

48421207

(c)桜 マチ - イラスト素材 PIXTA -

 

3月もちょいちょいとPIXTAにアップしています。

前回と引き続き、「手」のイラストを。

www.sakuramachi.work

 

なかなか購入に至らないうえに、アクセス数もとれずに苦戦しています。ホント、大変ですね、ストックイラストは。

私が過去に挫折したのも頷けます。(せいっぱいの自己肯定)

  

愛が伝わらないのは愛が足りないから

 え?ちょっ、なに言ってるの??という話ですが。

↑のイラストがハートをテーマにしているので、「愛」にたとえてみました。

ストックイラストって、まず数。数なんですよ。10枚登録して、審査通って、じゃあ売れますか?っていったら、全然売れない。見向きもされない。

 

登録されている数が多いので、深海より深く深く沈んでしまうんですよね。

じゃあ、どうするかって言ったら、やっぱり数をあげる。

大きな海なら、相当のイラストを入れないと、海面まで見えてこない。

 

ストックの海は深くて広い

たとえば「美容」という名の海があったら、先人たちが相当なイラストを沈めているので、もう、深海どころか遠くも見えない。海外行っちゃいそう。

 

北極あたりの海中に沈んだイラストを、日本人に見つけてもらおうとは無理な話。見つけてもらいたかったら、「美容」の中でもさらに特化させるテーマをめいっぱい入れないと。

たとえば、「脱毛」とかね。海埋め尽くさんばかりの脱毛テーマのイラスト入れる。日本に届くまで。

望遠鏡で海をながめていたときに、探していたイラストがチラッと見つかれば、そこからいくつか見つけてもらえることもできる。

 

せっかく見つけてもらったとしても「なんだ使えねーじゃん」ってイラストなら、また海に帰されちゃうんですがね。

ホント、難しい。

 

せまい海を探すのも手だが難しさも

あえて広くない海、小さな海を探して埋めるという手も。

めっちゃ小さければ埋めまくることは楽なもの。たとえば「ワセリン」とか。

PIXTAでワセリンのイラストを探すと、めちゃめちゃ少ない。ここに自分のイラスト大量に登録すれば、自分のイラストだらけになります。

 

じゃあ、「ワセリン」のイラスト描くか?と言ったら、描かない人の方が多いですよね。ワセリンのイラスト、そんなに必要かと。バリエーション増やすのも難しいし。

ワセリンテーマに100枚描けるか?即、描けません!って答える。

ワセリンだったら、写真で使いたいって人の方が多そうだし、自分で撮影できそう。

 

ただ、イラスト欲しいと思っているのに、登録数が少なくって「なんでないの?」と思われているキーワードがあれば、めちゃめちゃ狙い目ですよね。

その需要を探って、イラスト大量に作って、反応を見て・・・大変だ!!

ホント、難しい。

 

結局、ストックイラスト愛が足りていれば成功するのかも?

大きな海も狙いつつ、小さな海も探して、ひたすらイラストを描いて描いて描きまくって登録する。

売れている人、いろいろチェックしてみるけれど、やっぱり数が半端ないです。数百枚とか数千枚とか登録している人がザラにいてビビります。

 

結局、愛がないとそこまで持たないってことですね。ううっ、試されている気がする。

でも、信じてもう少し愛し続けてみます。