イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

デザイナーでもないのにアレコレ悩みながら名刺作ってみました

 
久しぶりに名刺を作りました。営業用というよりは、交流会用。でも、このまま営業用にも使えればと思って作成しました。
 
自宅のプリンターで仮プリントして確認してみたものの、やっぱり実物は違うなぁ。名刺に正解なんてないものの、ちょっと反省してしまいます。
 
でも、一応『ある経験』から、「こうした方がいいかなぁ」と思ったポイントについて書き残しておきます。
 

名刺データの打ち込み作業から気づいたこと

 複数の名刺が並べられたPDFから、Excelに情報を打ち込むって仕事をしたことがあります。
いろんな方の名刺を拝見し、下記のポイントに気をつけてみました。
 

必要な情報は片面にすべて記載する

複数の名刺を並べてスキャンすると、表(オモテ)の一面しか見ることができません。
表面に会社名や名前を記載し、裏面にアドレスなどを記載した名刺であると、その方だけPDFに表示されないという。
(私の仕事はPDFを受け取って入力するものだったので、手元に名刺はなし)
 
もう片面もひっくり返してスキャンするのは面倒。しかも、名前とアドレスで面を分けられていると、どっちも必要だから両面スキャンしないといけません。
アドレスだけ入った面をスキャンしてしまうと、名前がないから誰か分からない。こういう作業をする際には手間ですよね。
 
なので、情報はすべて片面にまとめるようにしました。
 
いざ連絡しようとしたとき、名前とアドレスがバラバラに配置されているのは分かりにくいかと。
表裏とクルクルひっくり返すは面倒かなって。
 
あんなちっちゃい紙、ひっくり返すのわけないんですが、電話する際には、名前と電話アドレスが並んでいた方が安心するかな?と思うんです。
私が小心者だからかな?
苦手な電話をするうえに、初めての相手ならお名前と番号を間違えないようにと緊張してしまうため、並んでいると安心します。
 
ファイルに保存する場合でも、裏を見ないといけないの分かりにくいかな・・・と。
名前だけ探すならいいけれど、居住地やSNSの有無をザッと見たいときに、ザッと確認できて良いこともあるかと。(勝手な予想)
 
人によってどう管理してどう利用するかは分かりませんが、想像できる範囲で少しでも手間を減らせたほうがいいのかなあと思いました。
 

文字を小さくしない

文字が小さければ、やっぱり見にくい。特に画像そのままをスキャンなり写真なりで取り込んだ際には、かなり拡大しないと見られません。
 
PDFで複数の名刺を一覧で見たとき、そのまま文字が読める人は見るのも楽だし、印象に残りやすい。
逆に小さい文字の人は、、、すみません、ちょっとイラっとする。
 
めちゃくちゃ空間あるのに、文字すっごく小さい名刺があったんですよ。ロゴとかもなくって何も邪魔していない、空間余りまくりなのに、隅っこのほうで名前やアドレスがちっちゃくなっているの。
う〜ん、意図が分からない。
 
相手に意味が通じない、不便に思わせるなら、小さくする必要なんてないんじゃないかと思い、読みやすい大きさにしようと思いました。
・・・かといって、大きければ可読性は高まるけれど、大き過ぎればうっとうしそうな気もするしなあ。
 

そんな私の名刺反省点【縦長名刺について考える】

f:id:merumo5210:20190523174119j:plain

 

いろいろ考えつつ、横長名刺の人が多そうなのに縦長ってどうなんだろと、今さら悩んでいます。複数の名刺観た時に、横長が多いなら全部横の方が見やすいだろうし。
 

 LOYに行ったときにいただいた名刺も、全部横長だったわ。

www.sakuramachi.work

 

 
ただ、名刺と同時にポートフォリオ作ると、縦長の方がしっくりくるんですよ。逆に横長のポートフォリオって少なそう。
絵柄によると思うんですが、そこそこ等身のある人物を配置すると、縦置きの方が合うなぁって思ってしまいます。
 
横名刺に合わせた絵柄を選ぶって手もあるんですけれどね。悩む。
次回、名刺が必要になった際には考え直してみます。いろんな細かい点とかも。
 
素人なのでデザインの良し悪しについては、とやかく言えません。いや、イラスト描くならむしろ考えろって思いますが。
そのへんも次回、考えます。
 

名刺はどこで印刷した?紙の種類は?

www.graphic.jp

名刺は@グラフィックさんに頼みました。印刷物、めったに必要になることはないけれど、ちゃんとした紙でキレイにプリントしたいってときに頼んでいます。

 

オンデマンド印刷あるから、少数でも頼みやすい。キレイで早いのにリーズナブル。カタログやサンプルなんかを請求すると、めっちゃくちゃ立派なやつを無料で送ってくれます。

@グラフィックサンプル

何年も前にいただいたサンプルとかいまだとってありまして、今回も使いました。

 

扱っている紙とか変わっているかもしれないけれど、同じのあればラッキーだし、そうそう変わらないだろうしね。

 

紙の種類が多い!

@グラフィックサンプル

 

今回選んだ紙は、『ヴァンヌーボVGスノーホワイト195kg』です。マットで落ち着いた感じ。

あんまり薄い紙だとすぐにヨレヨレしちゃうかな?と、厚手の紙にしてみましたが、厚手の紙はかさばるね!

 

沢山持っていきにくいので、名刺沢山持っていきたいときには向かないと気づいた。こういうのも実際にやってみないと分からないです。

でも、やっぱ好きな紙かも。

 

いろんな名刺があっておもしろい!

自分でやってみると、より他人様の名刺が気になってしまいます!みんな適当に作っているわけじゃないだろうから、いろいろ策を練ったり工夫したりしているんだろうなって。

何にポイントを置いてどう作るかって、その人の個性があらわれるからおもしろそう。情報伝えるツールってよりもインパクト重視って人もいるだろうしね。

 

あらかじめ決められている規格サイズの中で、どう作るのか?いろんな人の名刺を見て学んでみたいです。