イラストレーターになりたいライターのブログ

webライター&イラスト描きです。ライティングしながらイラストを描く日々をつづっています。

Adobe StockとShutter Stockのイラスト投稿に必要な気持ち

PIXTAからストックイラストをスタートした私ですが、遅れること2019年にAdobe Stockをスタート、2020年(ごく最近)Shutter Stockも始めてみました。

 

この2つのサイトにイラスト投稿に必要なものとは、くじけない心だと思いました。個人的に思ったことを、書きなぐってみようと思います。

 

PIXTAスタートから他サイト登録への経緯

ストックイラストとえばPIXTAしかないと思っていた私。2010年の9月に投稿を開始し、適当にやりつつ数年間は冬眠していました。

creator.pixta.jp

再び目覚めた頃には、ストックイラストの投稿サイトは他にも複数あることが分かりました。先行者が丁寧な情報を惜しみもなく提供してくださるため、参入するハードルもグッと下がっています。

 

Shutter Stockなんてちょっと前までは「パスポートが必要」であり、検索すると「売れればパスポート申請代なんて取り戻せるから、海外行かない奴も作ればいい」なんて書いている人もいました。「え?行かないのに?抵抗あるわー」って思っていたら、いつの間にかパスポートいらなくなっていた!

作らなくってよかったー。

 

モタモタしていた間に、なんとなくPIXTA以外も投稿しやすい雰囲気になっているようす。そこでAdobe StockとShutter Stockに登録し、個人的に思ったことを素直に書いてみることにしました。

 

たまにイラっとするが裏切れないAdobe Stock

Adobe Stockは2019年3月15日に登録しました。まだ1年もたっていません。他ストックサイトってめんどくさそうだなーと思っていましたが、日本語で登録できるし、やってみたらそれほど手間ではないのかな?と感じました。

ストック写真、ロイヤリティフリーの画像、グラフィック、ベクターおよびビデオ | Adobe Stock

 

たまに審査通らなくってイラっとしますが。

 

「照明が暗い」「露出が合っていない」「ピントが合ってない」とか。いや、イラストだし。カメラ使ってないのにその理由おかしくない?

緑色はOKなのに、なんでピンクはNG??左手上げたイラストOKなのに、右手上げたイラストダメってなに???と不採用の基準が分からなくってイライラします。

 

これも「準拠していない画像」「ニーズに合わないため、コレクションに追加することができませんでした。」と不採用。

同じイラストで笑顔の方は採用されたのに。なんで?真顔だから??

 

 

ただ、2019年の売り上げはPIXTAより良かった。3月スタートで2ヶ月と半遅れてスタートしたにもかかわらず、Adobeの方がお金になりました

 

PIXTAじゃ売れないイラストも、Adobeが売ってくれるんですよ。

だから裏切れない。何よバカ!ニーズに合わないって!・・・でも好き。イラっとすることあっても離れられない!

 

審査基準がよく分からないけれど、なんとか耐えながらやっていこうと思います。

 

あと、「保留中」にもよくなる。「プロパティリリースが必要」って出るんですけれど、「いや、必要なくないか?」と改めて思うだけ。色違いでいっぽうは通るのにいっぽうは保留になるから余計に分からない。

もう1回「はい」押して「いいえ」押して再提出すると通るので、それで切り抜けています。あれもなんなんだろう?モヤモヤ

 

登録数日で心が折れたShutter Stock

2020年1月21日にShutter Stockを登録してみました。ツイッターのつぶやきを見ると、前向きにはなれなかったこのサイト。英語だし。

 

なんとかグーグル先生の翻訳でポエムのようなタイトルつけながら95点ほど登録しましたが、却下多いなあ。

 

「アート作品のプロパティリリースが必要」とか。「この画像はすでにコレクションに入っています」とか「翻訳が必要です」とか。

めんどくさああぁぁぁあぁぁ。

「知的財産が含まれている」とか。え?昨日出したほぼ同じやつはOKしたくせに。

はー、全部全力で否定したい。

 

ホント、パスポートが必要なときに無理して始めなくて良かった。

予定もないのにパスポート取得していたら、それ使って海外行ってどっかの川でバンジージャンプしてShutter Stockの記録抹消していたわ。

 

数日で心が折れました。こっちは時間があって暇で暇で暇で暇でしょうがないときにやろうかな?一応、くじけない心で挑むつもりはある、まだ・・・

 

登録にあれだけ時間かかるのに却下されると凹みますね。承認されている画像の方が圧倒的に多いのですが、今後類似ではじかれていきそう。

 

 ↑はアダルトという理由ではじかれました。そうか・・・下半身丸出しだもんね。PIXTAとAdobeではそういうイヤらしい目で見られなかったからさあー。

 

でも、数日で2枚売れたからあなどれない。尽くしても尽くしても報われないって泣いているところに、ちょっとだけ報いがあるという。

いっそ私がドMだったら良かったのに。

 

なんだかんだでPIXTAが本命

PIXTAさんは丁寧にイラスト作れば、ほぼ承認してもらえます。コツをつかめばNGになることはほぼありません。(ベクターは登録したことないから知らないけれど)

 

再提出してOKになることも多々あるし、使いやすいし、NGの指摘理由も丁寧で分かりやすいし優しいです。

 

「いつも素敵なイラストを登録していただき、ありがとうございます」

 こんな一言添えられていると、キューンとなります♡ゾッコンラブです!

 

ホント、PIXTAさんだけでバンバン売れたらいいのになーと思いながら、こちらを本命にして頑張っていきます。(売れないんだよ・・・きっつい片思いだわ)

 

Adobe Stockとの関係も続けながら、ときどきShutter Stockにも手を出してみる。くじけない程度にやっていこう。